思わず誰かに話したくなるネタを紹介していきます!

河口湖のラベンダー畑の2022年の開花状況と見頃は?一生に一度は見たい!富士山との超絶景コラボ!

 
まりお
WRITER
 
河口湖のラベンダー畑の2022年の開花状況と見頃は?
この記事を書いている人 - WRITER -
まりお

ミーハーで流行り物好き、スポーツ観戦好きな30代です!

常にいろんな情報にアンテナを張ってます☆

スポーツの駆け引きが好きなので、そういう情報も公開していきます!

富士山との超絶景コラボが魅力の「河口湖のラベンダー」

自然に囲まれながら、様々な体験ができる「河口湖周辺」はまさに癒しの空間!

都会の喧騒を忘れさせてくれる、これぞ非日常”と言える名所となっています。

 

そんな一大スポットにラベンダーを見に行くなら、一番の見頃の時期に様々な体験イベントとともに、思いっきり楽しみたいですよね!

今回は、「河口湖のラベンダー畑」の2022年の見頃(開花状況)や見どころ・ハーブフェスティバルについて、詳しく紹介します。

ラベンダーを見に行かれる方は、是非チェックしてみてくださいね♪

スポンサーリンク

河口湖のラベンダー畑の2022年の開花状況と見頃は?

まずは見頃の確認から!

2022年の見頃は?

河口湖のラベンダーは、例年6月中旬ごろに開花し、見頃は6月下旬~7月中旬ぐらいまで!

2022年はどのお花も開花状況や見頃が、例年通りのものが多いので、河口湖のラベンダーもいつも通りの時期に楽しむことができそうです♪

ちなみに、過去のデータを見てみると、

<おととし>

  • 開花:6月15日あたり
  • 見頃:早咲きのラベンダー→6月末~7月10日ぐらい、遅咲きのラベンダー→7月6日あたり~7月16日ぐらい

 

<昨年>

  • 開花:6月半ば過ぎ
  • 見頃:6月25日あたり~7月20日ぐらい

となっています。

やはり、例年の見頃と重なっているので、2022年の今年も見頃は変わらないと言えるでしょう!

昨年は見頃が長く、7月末までラベンダーを楽しむことができました!

今年も長い間咲いていてくれたら、うれしいですね♪

 

また、河口湖のラベンダーは大きく分けて「大石公園」と「八木崎公園」の二か所で楽しめます。

どちらも早咲き・遅咲きの両方ラベンダーが植えられており、見頃が長いのが特徴!

でも、楽しみなのはラベンダーだけではありません!

 

①大石公園

「大石公園」と言えば、言わずと知れた「富士山」「河口湖」とラベンダーの「超絶景コラボ」!

「日本人なら一生に一度は見ないと損!」とも言っても過言ではないので、ぜひ記念撮影をしながら楽しみましょう♪

 

さらに、全長130m、高さが3mもあるベコニア」も7月~8月に見頃に!

ナイアガラの滝をモチーフにした巨大な「ベコニアの滝」は、迫力満点です!

 

②八木崎公園
南岸に位置する「八木崎公園」は様々なハーブが楽しめる広大な敷地を誇る公園。
そして、あの有名な「芝生広場」の高い位置(4メートル)から富士山とラベンダーのコラボが楽しめます!
ちょっと早めの時期なら、「あじさい」も一緒に見ることができるので、一石二鳥ですね☆

 

2022年の開花状況は?

河口湖のラベンダーは、先述の通り「例年6月半ばごろ」から咲き始めます。

※開花状況は随時更新!

 

しかも、河口湖では、「おかむらさき」「こいむらさき」「グロッソ」の3種類のラベンダーが植えられていて、それぞれ開花の時期や見頃も違うので、6月半ば~7月半ばにかけて、何度も違う風景を楽しめるのも特徴です♪

また、「大石公園」には全長350mにも及ぶ「花街道」があり、様々なハーブ・植物のにおい・澄んだ空気が存分に味わえます。

 

あわせて開催される「河口湖ハーフフェスティバル2022」とともに、初夏の空気を思いっきり楽しみましょう!

次に、そんな初夏のお祭り「ハーフフェスティバル2022」も含め、大石公園・八木崎公園の見どころをより詳しく紹介します!

スポンサーリンク

河口湖のラベンダー畑2022!ソフトアイスや公園・ハーブフェスティバルなどの見どころを紹介!


まずはソフトアイスの紹介から!

ぜひ日本人なら一度は見たい絶景とともに、思い出の一枚を撮ってみてください♪

 

この記事を書いている人 - WRITER -
まりお

ミーハーで流行り物好き、スポーツ観戦好きな30代です!

常にいろんな情報にアンテナを張ってます☆

スポーツの駆け引きが好きなので、そういう情報も公開していきます!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 明日使える話のネタ , 2022 All Rights Reserved.

テキストのコピーはできません。