思わず誰かに話したくなるネタを紹介していきます!

ボイスの原作(韓国版)を最終回結末までネタバレ!サイコパスな真犯人は必見です!

 
  2019/10/16
まりお
WRITER
 
ボイス原作韓国版ネタバレ最終回結末
この記事を書いている人 - WRITER -
まりお

ミーハーで流行り物好き、スポーツ観戦好きな30代です!

常にいろんな情報にアンテナを張ってます☆

スポーツの駆け引きが好きなので、そういう情報も公開していきます!

出典:https://www.ntv.co.jp/voice/story/

「ボイス 110緊急司令室」の放送が7月13日より日本テレビ系列で始まります。

原作は、韓国で2017年に放送された「ボイス ~112の奇跡~」。
チャン・ヒョクさんイ・ハナさん主演アクション+スリラー+クライムドラマです。

今回は、そんな原作の韓国版のあらすじを最終回の結末までネタバレします。
あわせて、日本版ボイスの最終回・未発表のキャストも予想してみましたので、お見逃しなく!

※ボイスの日韓キャスト比較はこちら(ボイスのキャスト比較と相関図!韓国版(原作)のキャストのイメージと徹底比較してみました!)

スポンサーリンク

ボイスの原作(韓国版)を最終回結末までネタバレ!

それでは、原作の韓国ドラマ「ボイス ~112の奇跡~」のあらすじをご紹介します。

 

この投稿をInstagramで見る

 

분위기 깡패 권주 + 카리스마 깡패 진혁 찰떡궁합 호흡을 기대하시라! 1/14 (토) 밤 10시 OCN 첫 방송 #보이스

OCN 드라마 공식 인스타그램さん(@ocn_original)がシェアした投稿 –

ボイスの原作(韓国版)の最終回までの概要 

全ての事件は、あの日が始まりだった。

2014年11月25日 午後10時15分 ソンウン市 ウニョン洞。
裸足で逃げる一人の女性。背後から迫る謎の人物。

同じ頃、ソンウン地方警察庁・強力班1チームのム・ジニョク(チャン・ヒョク)たちはソンウン港で張込み中。ジニョクは、妻からの電話に気づいたものの、犯人を追って飛び出します。

 

「殺されそうなんです。助けてください。」
通報センターにかかった女性からの電話。
受けたのは、人一倍聴覚にすぐれたカン・グォンジュ(イ・ハナ)。

・・・

切れた電話に事件性を感じた彼女はためらいながら、通報元へ電話をかけ直します。
皮肉にもそのことが、女性を残酷な事件の被害者にしてしまうのです。

 

その頃、犯人を逮捕・検挙できた達成感と、ひと仕事を終えた開放感で“いつもの店”で祝杯をあげるム・ジニョクたち。

そこへ後輩から「殺人事件の被害者がジニョクの妻かもしれない」という電話が。
周囲の反対を押し切って顔を確認するジニョク・・・

 

その後の裁判。
犯人として逮捕された人物が「電話を通して聞いた犯人の声と異なる」と証言するグォンジュ。
彼女自身も同一人物と思われる謎の男に父を惨殺されていたのです。

 

3年後。
通報から被害者の安否を分ける制限時間 “ゴールデンタイム” 内に現場到着・被害者救助・犯人検挙を目指す「ゴールデンタイムチーム」が設立されます。

最初は反発していたジニョクも、実際の事件現場をかすかな音だけで見つけ出すグォンジュを信頼するように。

二人は愛する家族を殺めた真犯人逮捕を心に誓い、ひとつひとつの事件を協力して解決に導いていきます。

 

それらの事件を通じて、ようやく謎の男を見つけたものの・・・警察内部にいる協力者の妨害により、逮捕には至りません。
さらに「ゴールデンタイムチーム」は解散させられてしまいます。

それでも諦めることなく、真犯人逮捕に情熱を燃やすジニョクとグォンジュの2人。

続いて、ボイスの原作(韓国版)の最終回結末のあらすじです。

 

ボイスの原作(韓国版)の最終回結末のあらすじ

さまざまな事件の犯人モ・テグ(キム・ジェウク)を追って、別荘に到着したジニョクとグォンジュ。
入り口から点々と続く真新しい血痕。

その頃、別荘の地下室にはジニョクの弟分シム・デシク(ペク・ソンヒョン)が。
激しく暴行され、後ろ手に縛られたデシクを見つめるテグ。

 

ズラリと並んだ凶器とデシクを見比べ
「どうやって死にたい?」

 

この別荘では25年前、ある殺人事件が起きていました。
テグの父であるソンウン通運モ・ギボム会長(イ・ドギョン)が、買収合併に応じない運送会社の社長を殺害。
不幸にも、その現場をテグとテグの母親が目撃してしまったのです。

このことがきっかけでテグは、潜在的に持っていたサイコパス気質が表面化します。
モ会長は罪悪感から、これまで彼の暴走をかばってきたのでした。

 

2人の到着を防犯カメラで知るテグ。
それを予測していたかのようにテグは、至るところに罠を仕掛け、容易に2人が地下室へ近づけないようにしていました。

 

グォンジュの耳を頼りに、地下室にたどりついた2人は瀕死のデシクを発見。
拳銃を持つジニョク VS ライフル銃を構えたテグ。息詰まる緊迫戦。
互いを標的に収めたその時、警察が駆けつけテグは逮捕されます。

不敵な笑みを浮かべながら連行されるテグ。

 

テグとソンウン通運のこれまでの犯罪が白日の下にさらされる中、モ会長は最後までテグを守ろうと手を回します。

搬送先を関連のソンウン病院に変更されるテグ。
処置中に自殺したとジニョクらは知らされますが、2人は偽装自殺と断定。

 

オ・ヒョノ(イェソン)の情報でテグが「モリタヤスオ」名義で日本へ密航しようとしていると知り、港へ直行。追い詰められたテグは、ここでも凶行を重ね逃走。

グォンジュは、マスコミを通じてテグを挑発。
逃亡中、その様子をテレビで知ったテグはグォンジュのマンションへ。

 

その頃・・・
すべてが自分の責任だと痛感したモ会長は、駆けつけた強力班の目前で自殺。
「テグ、地獄で会おう」

 

そして、グォンジュの捨て身の作戦が功を奏し、ジニョクがテグを逮捕。
(この時、2人とも最後まで人間らしさを失わずにテグと対峙します)

息子ドンウ(イ・シウ)の病室へ報告に行くジニョク。
「パパは、最後まで約束を守ったよ。」
眠るドンウの頬を撫で、心から安堵するのでした。

 

悪夢のような日々から解放された2人。
ジニョクは、ようやく妻ジヘ(オ・ヨナ)の眠る場所に行き、亡き妻へ思いを語ります。
グォンジュも父グックァン(ソン・ジョンハク)の墓前に。
父が生前心配していたグォンジュの聴力が、事件解決に導いたことを報告します。

 

デシクを見舞うジニョクとグァンジュ。
重傷を負った彼は、意識は未だに戻らないものの微かな回復の兆しをみせます。

「いつまで眠っているんだ」
「起きるんだぞ。起きてくれよ。」
心の中で弟・デシクに語りかけるジニョク。

 

その頃、テグは精神科病院に。
実は・・・テグの主治医が彼に輪をかけたサイコパスだったのです。
モーツァルトのレクイエムが流れるなかでのテグの最期。

 

ソンウン地方警察庁幹部は、一連の責任が問われ交代へ。
ペ・ビョンゴン庁長(チョ・ヨンジン)は、ソンウン通運からの収賄容疑で検察の取り調べを受けます。

 

「ゴールデンタイムチーム」は復活し、今度は正式運用に。
今日もグォンジュの耳はかすかな音を聞き分け、犯罪を早期解決するためにチームを導くのでした。

こうして、勧善懲悪で「ボイス」は結末を迎えます。

次に、原作(韓国版)「ボイス ~112の奇跡~」を何度も見てしまった私の感想をお伝えします。

ボイス(韓国版と日本版の見逃し配信の両方)を無料で見る方法

日本版ボイスを見て、原作の韓国版も見てみたくなった、日本版と比べながら見るのも面白そうと感じた方も多いと思います。
ボイスは原作も日本版も人気シリーズなので、無料でアップロードされている非公式のサイトもあるかもしれませんが、当然ながらそれは違法です。

それらを見ることも違法に当たりますし、ウイルスに感染して個人情報を抜き取られるリスクもあります。

 

そのため、正式なサービスで安全安心に、しかも無料で楽しむのが一番です!

国内、韓国ドラマ好きな私が自信を持っておすすめできるサービスをこちらの記事(ボイスの見逃し配信動画と韓国版原作は両方無料で見れる!犯人との格闘や予想外の展開に釘付けです!)でメリットもあわせて紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

ボイスの原作(韓国版)を最終回結末までネタバレ!~感想編~


推理モノは好きでも、犯罪シーンが大の苦手な私。
正直に言って、この韓国版「ボイス」は、かなりエグい場面が何度も登場します。

なのに、放送や配信の度に見てしまう・・・そんなクセになる面白さがあるドラマです。

 

冒頭からドキドキ、ハラハラする展開。
ことばではなく、役者さんの表情で語られるセリフの数々。

真犯人とおぼしき人物が複数出てきては、覆されるストーリー。
ドラマ中盤から大胆に登場する真犯人。

 

「一体、誰が内通者(=犯人側への協力者)なのだろうか?」と思いながら見ていると、少しずつ明かされるその背景にある事実。

苦手さを超えて、ドラマの世界に入り込んでしまいます。

 

また、日ごろ韓国ドラマを見る機会が少ない方には、ピンとこないかもしれませんが
「犯人や被害者、その他の役で出演している中堅からベテランの役者さんの数々」
が主要キャストの演技を脇からしっかり支えていると思います。

中には “え?この人が” と思う配役もあります。

 

忘れてならないのは、主演のチャン・ヒョクさん、イ・ハナさんの安定した演技を凌駕するほどの印象を残した、モ・テグことキム・ジェウクさんの怪演!

2017年の日本・韓国合作映画「蝶の眠り」中山美穂さんと共演しているので、ご存知の方も多いかもしれませんね。

 

それまで、好きな女性を一途に思い続けるイケメン役誰をも虜にする“魔性のゲイ”など様々な役を演じてきたキム・ジェウクさんですが、「ボイス」での悪役ぶりには脱帽。

おぞましいのに美しい” “残忍なのに優雅” そんな相反する印象を与えてくれました。

そんな感想も踏まえて、日本版「ボイス」の最終回結末の予想です。

※ボイスの日韓キャスト比較はこちら(ボイスのキャスト比較と相関図!韓国版(原作)のキャストのイメージと徹底比較してみました!)

スポンサーリンク

ボイスの日本版最終回結末を原作(韓国版)から予想!

韓国版「ボイス」の人物相関図をご覧ください。(相関図は当サイトオリジナル)

ボイス

日本版では未発表のキャストが何人分かありますね。
この中で、ソンウン通運のモ・ギボム&テグ親子、そして2人につながるナム・サンテが悪事に関わる側です。

日本版「ボイス」の人物相関図は以下の通りです。(相関図は当サイトオリジナル)

韓国版に近いストーリーだとすれば、「真犯人は誰が演じるのか?」非常に気になるところでしたが、伊勢谷友介さんでしたね!

ボイスの日本版予想1. 第1話

• 樋口彰吾(唐沢寿明)と橘ひかり(真木よう子)の家族が謎の人物により犠牲者となる
(ひかりが樋口の妻からの通報を受ける)
• ひかりがボイスプロファイラーとして活動を始める
• ECU(Emergency Call Unit)緊急通報司令室が設立される
• 反発しながらも樋口がECUに加わる
というところから物語が始まる

 

ボイスの日本版予想2. 連続殺人事件とは別に

連続殺人事件とは別に各話または2話でECUが活躍する事件が発生、被害者救助、犯人検挙のストーリーがある
(その時に被害者・犯人役のゲスト出演がある)

 

ボイスの日本版予想3. ドラマの途中から真犯人が姿を現わす

• ドラマの途中から真犯人が姿を現わすが、連続殺人犯として別の人物が注目される*
• 警察内部に犯人側への協力者が存在する*
• ECUの活動へ妨害が入り、存在の危機も発生する

・・・となりながら、最終回へ向かうのではないでしょうか。

*部分
韓国版では①真犯人と思われる人物 ②協力者(内通者)どちらも複数いたのですが、日本版ではドラマの放送話数・放送実時間の関係で同じように描かれるのかは疑問です

 

ボイスの日本版予想4. 最終回

・樋口・ひかりの活躍で一度は真犯人を逮捕する
・しかし、移送途中に犯人は逃亡してしまう

・ふたたび樋口・ひかりと真犯人が対決
・樋口は、自分の手で妻の無念を晴らしてやりたい衝動に駆られながらも、刑事としての職務を全うする

・それまで樋口やひかりだけでなく、視聴者もイラっときていた犯人側への協力者が責任を問われる
・ECUの警察内部での位置が高まり、今後への期待がうかがえるラストシーン

のようになると考えています。

 

このように書いてしまうと
“な~んだ、最後はあっけなく終わるのか・・・”
と思われてしまいそうですが、真犯人の逮捕劇は死闘になると予想されます。

唐沢さんのアクションシーンに期待大!です。

 

そして、現時点ではキャストが公開されていない「真犯人」を誰が演じるのか?という点について。

原作の韓国版「ボイス」から、勝手に真犯人像を組み立て、キャストの予想までしちゃいます(追記:日本版では伊勢谷友介さんが演じています)。

<真犯人像>
• 経済的に恵まれているが、家庭的に問題あり
• 社会的地位が高い
• 30代半ば~後半の独身
• 顔、スタイルともに紳士的
• 洗練された身のこなしで人当たりが良さそうに見えるが、短気で激情しやすい
• 一瞬の表情に冷酷さが表れる

イメージすると、一重の涼しげな目元で、口元だけが笑うスーツの似合うイケメン。

このような人物像を演じるとすれば、実年齢は40代以上の役者さんが似合うと思います。

真っ先に浮かんだのが「及川光博さん」。
決して冷酷なイメージというわけではないんですよ。
一重の目元を思った時に浮かんだのが及川さんだったのです。

 

そして「武田真治さん」。
最終回での死闘を演じる時にさまになりそうだったので。

それから「加藤雅也さん」。
イメージした人物より少し年上なのですが、“スーツの似合う社会的地位が高い紳士的人物”に合うので。

 

また、こちらのお二人は、予想というより
“もしこの方が真犯人を演じたら、最終回で唐沢さんもかなりやりづらい強敵”
「西島秀俊さん」
「真田広之さん」
実現は難しいでしょうが、結末にこんな配役があったら視聴者には嬉しいサプライズですね。

ちなみに韓国版「ボイス」の真犯人モ・テグはこんな感じです。

この時のBGMが「モーツァルト作曲 レクイエム ニ短調K.626 第8曲 ラクリモザ(涙の日)」。

モ・テグ最期の場面でも流れます。

日本版「ボイス」最終回、キャストも含めて予想したところで、最後にまとめをご覧ください。

スポンサーリンク

ボイスの原作(韓国版)の最終回結末までネタバレ!~まとめ~

原作は、チャン・ヒョクさん、イ・ハナさん主演の韓国ドラマ「ボイス ~112の奇跡~」。

韓国版では、アメリカの有名大学出身で、運送会社社長として世間的にも一目置かれる人物が猟奇的な犯罪の真犯人という設定でした。

父と子はその経済力(お金)にモノを言わせて、自分たちの悪事をもみ消したり、捜査の手が及ばないようにしたりしていました。

 

日本版だと、どのような設定にするのでしょうね。

唐沢寿明さんと真木よう子さんのおふたりが、原作の枠を超えて
心の底に深い悲しみを抱えながら、被害者を救い、少しずつ心の傷を癒していく姿
警察組織の矛盾とも闘いながら正義を実現する場面
などを演じてくださることを期待しています。

 

原作の「ボイス ~112の奇跡~」は、ケーブルテレビでの放送であったにも関わらず歴代視聴率(当時)を記録。
今でも人気があるドラマで、今回紹介した結末からさらに続きがあり、現在「ボイス」シーズン3まで放送されています。

日本版「ボイス 110緊急司令室」
“怖いけれど目が離せない”
“つい見てしまう”
そして続編がつくられる、そんな人気・話題作になってほしいですね。

※ボイスの日韓キャスト比較はこちら(ボイスのキャスト比較と相関図!韓国版(原作)のキャストのイメージと徹底比較してみました!)

ボイス(韓国版と日本版の見逃し配信の両方)を無料で見る方法

日本版ボイスを見て、原作の韓国版も見てみたくなった、日本版と比べながら見るのも面白そうと感じた方も多いと思います。
ボイスは原作も日本版も人気シリーズなので、無料でアップロードされている非公式のサイトもあるかもしれませんが、当然ながらそれは違法です。

それらを見ることも違法に当たりますし、ウイルスに感染して個人情報を抜き取られるリスクもあります。

 

そのため、正式なサービスで安全安心に、しかも無料で楽しむのが一番です!

国内、韓国ドラマ好きな私が自信を持っておすすめできるサービスをこちらの記事(ボイスの見逃し配信動画と韓国版原作は両方無料で見れる!犯人との格闘や予想外の展開に釘付けです!)でメリットもあわせて紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

夏ドラマはこちらもどうぞ↓↓

TWO WEEKSのキャスト比較と相関図!韓国版(原作)のキャストのイメージと比べてどうなのか徹底分析!

TWO WEEKSの原作(韓国版)の最終回結末をネタバレ!イ・ジュンギさんの迫真の演技にドキドキです!

ノーサイドゲームのモデルはどの企業(チーム)?実は本拠地も同じあの有名企業!?

ノーサイドゲームの原作(小説)の最終回結末をネタバレ!真の黒幕は実はあの人!

わたし旦那をシェアしてたを徹底考察(予想)!本当に愛した女性は実はあの人!?

べしゃり暮らしの原作(漫画)の最終回結末をネタバレ!凡人が努力した時、すごいものが生まれます!

ルパンの娘の原作の結末をネタバレ!真犯人は!?結末は予想外の鮮やかな展開に!

あなたの番ですの赤い丸の秘密とは?オープニングにも伏線が?

当サイトではドラマネタを含め、他にも明日誰かに話したくなる情報を多数紹介しております。

ぜひ目次をご覧ください↓↓

当サイトの目次はこちら

この記事を書いている人 - WRITER -
まりお

ミーハーで流行り物好き、スポーツ観戦好きな30代です!

常にいろんな情報にアンテナを張ってます☆

スポーツの駆け引きが好きなので、そういう情報も公開していきます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 明日使える話のネタ , 2019 All Rights Reserved.