思わず誰かに話したくなるネタを紹介していきます!

危険なビーナスの原作(小説)を最終回結末までネタバレ!怒涛の伏線回収!まさかのオチ!すべてがすごすぎる東野圭吾ワールド!

 
  2020/09/21
まりお
WRITER
 
危険なビーナスの原作(小説)を最終回結末までネタバレ!
この記事を書いている人 - WRITER -
まりお

ミーハーで流行り物好き、スポーツ観戦好きな30代です!

常にいろんな情報にアンテナを張ってます☆

スポーツの駆け引きが好きなので、そういう情報も公開していきます!

出典:https://www.tbs.co.jp/kikenna_venus/

日曜劇場では、なんと16年ぶりとなる妻夫木聡さん主演のドラマ「危険なビーナス」

原作は、言わずと知れた日本を代表するミステリー作家・東野圭吾さんの小説です。

そんな豪華なコラボが実現する「危険なビーナス」ですが、原作があるとなると、ドラマの続きはどうなるのか、どんな結末を迎えるのか、早く知りたいというのが人間の心理ですよね!

そこで今回は、原作の小説版「危険なビーナス」を結末まで詳しくネタバレします。

長いですが、ドラマの続きの部分だけでも、どうぞお楽しみください!

スポンサーリンク

危険なビーナスの原作(小説)を最終回結末までネタバレ!~その①~


■「危険なビーナス」の原作のネタバレ①伯朗と家族(プロローグ)

「危険なビーナス」の主人公は、獣医の手島伯朗(妻夫木聡)

伯朗の父・一清はすでに亡くなっていて、死因は脳腫瘍、発症したのは伯朗がまだ2歳の時でした。

 

一清は鳴かず飛ばずの画家で、脳腫瘍が悪化してからは、死ぬ前に今までとは全く違う作品を残したかったのか、急に抽象画の制作を始めたものの、完成する前に他界。

その後は母の禎子(斉藤由貴)と二人暮らしでしたが、禎子は資産家の矢神康治(栗原英雄)と結婚することになります。

資産家である矢神家には跡取りがいなかったため、後継者を必要としていたのです。

 

そして、2人の間に待望の子供ができます!

生まれた子供の名前は明人(染谷将太)、伯朗から見れば年の離れた弟です。

矢神家は当然、明人を後継者にするために英才教育を受けさせますが、伯朗は両親の望む道には進みませんでした。

 

それからしばらくして、なんと禎子がお風呂場で転んで気絶し、それが原因で溺死してしまいます!

しかも亡くなったのはなぜか自宅ではなく祖母の家(小泉家)。

 

伯朗はその後、獣医になり、偶然知り合った池田動物病院の院長の元、院長代理を務めることになります。

そして、そんな伯朗のところに突然、明人の妻だという矢神楓(吉高由里子)から連絡が!

このことがきっかけで、「危険なビーナス」の物語は大きく動きだします!

このまま原作のネタバレの続きを見ていきましょう。

スポンサーリンク

危険なビーナスの原作(小説)を最終回結末までネタバレ!~その②~


■「危険なビーナス」の原作のネタバレ②明人の妻と康治の矢神家

楓は電話で、明人が数日間帰ってこず、行方がわからないと言います。

伯朗は明人が結婚していたことは知りませんでした、ただ、明人のことが気になるので、楓と会うことに。

実は楓と明子のもとに、数日前、伯朗と明人の父である康治の危篤の状態だと、康治の妹の波恵(戸田恵子)から連絡があったため、仕事で滞在していたシアトルから夫婦で帰ってきていたのです。

しかし、明人は書き置きを残したままいなくなってしまいました。

 

明人は楓に、自分が帰ってこなかったら康治の元に行っておいてと言っていましたが、楓と明人が結婚したことは誰にも伝えていなかったので、一人で行くわけにはいきません。

そのため、矢神家とつながりのある伯朗が、楓と一緒に康治の元に行くことになります。

 

伯朗が康治と会うのは十年ぶりです。

康治の病名は膵臓癌。

康治は話すことができないため、妹の波恵と話すことになりますが、明人がいなくなったことは言わずに話を進めると、康治が急に、

「明人に、背負わなくていいと」

と言います。

この言葉を聞いた面々は「後継ぎである明人が矢神家のことを背負う必要はない」という意味だと解釈。

実は数日後、矢神家の遺産相続についての親族会議が予定されていて、伯朗と楓も参加することになります。

 

■「危険なビーナス」の原作のネタバレ③母と康治の出会い


それから伯朗は明人のマンションに行くことになるのですが、このころから楓のことを異性として意識し始めるようになりました。

明人の部屋に入ってみると、小泉家の写真が飾ってありました。

しかも、その写真の裏に小泉家の鍵が隠されていたのです!!

ただ、小泉の家はすでに解体されて更地になっているのと、伯朗は知っていました。

 

さらにいろいろと話していくうちに、康治は神経科の医師であり、サヴァン症候群という病気を研究していたことがわかります。

※サヴァン症候群:言語や対人関係などに著しい障害が見られる反面、知的分野や芸術分野でずば抜けた才能を示す症状

康治は研究の過程で、サヴァン症候群と思われる者が書いたであろう絵をある画廊で発見!

そして、その人物にコンタクトを取ります。

その画家はすでに他界していたものの、その妻には会えることに。

なんと実はその妻が禎子だったのです!!

それが康治と禎子の出会いでした。

 

ここまででも盛りだくさんと言った感じで謎多き展開ですが、いったいこの先どうなるのでしょうか?

このまま原作の小説版「危険なビーナス」のネタバレの続きを見てきましょう。

スポンサーリンク

危険なビーナスの原作(小説)を最終回結末までネタバレ!~その③~


■「危険なビーナス」の原作のネタバレ④矢神家の親族会議

そして迎えた矢神家の家族会議。

波恵を含め、他に7人が参加していました。

矢神家は以前ほどの勢いはないものの、当然それなりの遺産があるため、その場の全員が遺産を自分のものにしようと企んでいることは明らかです。

 

そんな遺産の数々を見ていくうちに、伯朗は禎子の遺品を見つけます。

それは一清の作品の写真が集められたアルバムでした。

懐かしいと思いながら見ていると、最後のページの写真が剥がされていることに気づきます!

伯朗は一清が最後に描いていた未完成の絵に違いないと確信しますが、絵そのものはどこを探しても見つかりません。

絵のタイトルは「寛恕の綱」だとわかりますが、実物も写真もないことを伯朗は不審に思います。

 

その後、楓は、明人は「遺産は全て相続したい」と言っていると親族たちに言いますが、これは楓が考えた真っ赤な嘘。

実は波恵の姪・支倉百合華(堀田真由)は、楓が明人の妻であるということ自体が嘘なのではないかと勘繰っていました。

百合華は明人に好意を持っていて、さらに楓はどう考えても明人のタイプではなかったのです。

 

そして、楓は明人とバーで生牡蠣を食べて盛り上がったと話しますが、伯朗は明人が小さい頃、牡蠣が嫌いだったことを思い出します。

ただ、伯朗は楓に好意を抱いていたこともあり、明人は時間がたって牡蠣が食べられるようになったのだろうと思い、その場で何も言いませんでした。

 

■「危険なビーナス」の原作のネタバレ⑤動物実験と伯朗のライバル


また、親族会議の時、獣医である伯朗は、康治と一緒に研究をしていた牧雄(池内万作)に、「動物実験」の話をします。

実は伯朗は小学生時代、禎子に連れられて康治たち研究をしていた大学に行ったことがあり、その時にグロい「動物実験」の映像を見たことがあったのです。

その映像は猫の脳に電流を流すというとんでもないもの。

そのことは伯朗にとって大きなトラウマでした。

その映像の真相は謎のままなのですが・・・

 

康治の父の康之介には愛人がいました。

名前は佐代(麻生祐未)

康之介はすでに亡くなっているものの、佐代は遺産相続のため、養子になっていました。

佐代には息子という勇磨(ディーン・フジオカ)がいますが、親族会議で以降、勇磨は楓に好意を持ち、猛アタックするように。

楓は明人のために矢神家の情報を手に入れる必要があると考え、勇磨を利用するつもりでした。

伯朗そんな勇磨をライバル視するようになります。

 

相続争いに恋模様まで絡んできて、なんだか話が複雑になってきましたね^^;

このまま「危険なビーナス」のネタバレの続きを紹介します。

スポンサーリンク

危険なビーナスの原作(小説)を最終回結末までネタバレ!~その④~

■「危険なビーナス」の原作のネタバレ⑥更地なはずの小泉家が・・・

遺産相続についての話をしている中、伯朗は禎子の妹・順子(夫は数学者の憲三)から現在は更地になっている小泉家を詳しく調べるように言われ、現地へと向かいます。

そして、そこで見たのは驚きの光景でした!!

なんと家がそのまま残っていたのです!!

 

小泉家は伯朗も親交のある近所の人が管理しており、明人も時々来ていたとの情報を得ます!!

「明人は禎子の死を不審に思って、現場、証拠を残すために、家を取り壊さなかったのではないか?」と考える伯朗。

さらに、勇磨は「禎子が明人にすごく価値のある、お宝のようなものを渡しているのではないか」と考えていて、それがこの家のどこかにあるという可能性も・・・

 

伯朗はさっそく小泉家を調べます。

すると、気になるアルバムを発見!

その中には、学生時代の禎子が友人と一緒に撮った写真があったのですが、その友人はなんと佐代でした!!

 

■「危険なビーナス」の原作のネタバレ⑦禎子と康治の秘密


そして、伯朗は佐代に会って話を聞くことにします。

佐代は同窓会で禎子と再会しており、「一清が脳腫瘍の影響で錯乱状態になることがある」と聞き、それを康之介に相談、康之介は医師である康治にそのことを話します。

 

実は康治は「脳に電流を流すことで、精神疾患の症状緩和する研究」をしており、一清も禎子もぜひその治療を受けたいと言い、実際に電流を流してもらいます。

しかし、一清の症状は改善されたものの、脳腫瘍が急激に大きくなり、その後、数年で亡くなってしまったのです。

康治はそのことに責任を感じており、禎子と結婚したのも、それが大きな要因だったのではないかと、言う佐代。

しかも、禎子は佐代に、

「康治から『貴重過ぎて手に余るもの』を貰っている」

とも話していたそうです。

そのことを確かめるため、病院にいる康治に会いに行くも、

「明人・・・恨むな」

と意味不明な発言しか聞けませんでした。

禎子がもらった貴重な物っていったい・・・?

次からは「危険なビーナス」のクライマックスの序章となる部分のネタバレになります。

スポンサーリンク

危険なビーナスの原作(小説)を最終回結末までネタバレ!~その⑤~


■「危険なビーナス」の原作のネタバレ⑧後天性サヴァン症候群

楓がネットサーフィンとしている時、偶然サヴァン症候群の人が描いたと思われる絵を発見します。

その絵はある女性のブログに載っていたのですが、描いたのは父親だそうで、ある時、急に絵を描くようになったのだとか・・・

一清と何か関係があるかもしれないと思った伯朗は、ブログの主である女性に会いに行くことに。

 

女性の父親は事故に遭い、脳に大きなダメージを負ったのですが、そのことがあってから、あの絵を描いたそうです。

その絵を見た人物が、父親の脳に異常がある可能性が考えられると言ったため、女性は父親と病院に行きました。

担当の医師ははっきりとした診断ができなかったものの、その後、話を聞いた康治がアプローチしてきます。

康治は「後天性サヴァン症候群」という珍しい病気の研究をしていたため、その症状を持つ患者を探していたのです。

実は康治は一清に行った電流治療で、「後天性サヴァン症候群」を作り出すという研究成果を得ていました。

 

これは実はすごい研究です!

「後天性サヴァン症候群を作り出す」ということは、「意図的に天才を作り出せる」ことと同じですから!!

ただ、康治はこのことを公にしていませんし、研究自体をやめていたのです。

せっかくの成果なのになぜ隠しているのか・・・?

またしても疑問が増えてしまいました。

 

■「危険なビーナス」の原作のネタバレ⑨小泉家に隠された貴重すぎるもの

楓は勇磨からの情報で、明人がすでに日本に帰国していることを知っていました。

そして楓は、勇磨にすべてを話し、協力してもらうことに。

楓と伯朗、勇磨は、まず康治の研究について調べるため、共同研究をしていた牧雄に話を聞くことにします

 

牧雄によると、康治は慎重な性格で、治療法の実験に人間を使うということはしなかったのだそう。

そのために行ったのが「動物実験」。

そう!これが伯朗が見てしまったグロい映像の正体です!!

最初から人間の脳に電流を流すことはせず、猫を使っていたのですね。

ただ、研究は順調だったものの、それを公表していない理由は牧雄もわからないとのことでした。

 

しかし、その時の研究データが残っている可能性があることが判明!

そして、康治が禎子に渡した「貴重すぎるもの」は研究データで、それを今、明人が持っているのではないかと勇磨は考えます。

そこでいったん解散となりますが、伯朗は調査を続け、禎子の妹の順子に小泉家の中の隠し場所を聞くも、情報が得られなかったため、楓がいる明人のマンションに行くことに。

 

やっといろいろとつながってきましたね!

それにしても勇磨が急に協力的になりすぎでは?^^;

次は犯人と重要な真実が明らかになる、「危険なビーナス」の核心部分のネタバレです。

スポンサーリンク

危険なビーナスの原作(小説)を最終回結末までネタバレ!~その⑥~

■「危険なビーナス」の原作のネタバレ⑩隠された真実

マンションには勇磨の姿が!!

勇磨を明人の部屋に入れたことに怒りを隠せない伯朗。

しかし、今はそれより調査が優先です!

三人は小泉家に向かいます。

 

家の中を探していると、伯朗が以前すでに確認済みだった天井裏から「後天性サヴァン症候群に関するレポート」を見事に発見!!

目的を果たした三人がその場を離れますが、伯朗は何か気配を感じます!!

楓とともに再度家に入ると、順子の夫・憲三の姿が・・・

 

そう!レポートの持ち主は憲三だったのです!!

さきほど伯朗が順子に隠し場所を聞いたことで、小泉の家がまだ残っていること、伯朗たちが研究レポートを探していることを知り、先に小泉家に来てレポートを置いておいたのでした。

 

憲三が小泉家に来たのは、一清の未完の絵「寛恕の綱」を探すため。

一清は数学者である憲三に、

「頭の中に奇妙な図形が浮かぶ」

と相談していて、さらに「ウラムの螺旋」という図形を見たときに「これは神のお告げだ」と思い、「寛恕の綱」を書き始めたという経緯があったのです。

憲三は、

「『寛恕の綱』はウラムの螺旋とは違い完璧な法則性があり、とんでもない価値を生む」

という確信がありましたが、肝心の「寛恕の綱」は、その後どこかへ消えてしまいました。

 

それから十年以上後、なんと憲三は明人に「寛恕の綱」の写真を見せられたのです!

写真の日付は一清が他界したよりも後でした。

そのため、憲三は「絵はまだどこかに残っている、もしかしたら禎子が隠し持っているのではないか?」と思うように。

 

そして十六年前のある日、憲三は小泉家に侵入し、寛恕の綱」を探したものの見つけることはできませんでした。

しかも、その時に家の中にいた禎子に姿を見つかってしまったのです!!

突然のことに理性を失った憲三は、禎子を脳震盪の状態にし、さらに溺死と見せかけて殺害。

さらに、その際に研究レポートを持ち去っていました。

 

全てを話した憲三は家に火をつけ、その場で自殺しようとします!

しかし!その瞬間、楓が憲三を背負って、みんなで燃え盛る家から逃げることに!!

 

さらに!こんな状況で伯朗はあることを思い出します!!

それは昔エアガンで撃ってボロボロだったふすまがきれいになっていること!

伯朗は、家の中に戻っていき、襖の中に「寛恕の綱」を発見!!

ただ、火は「寛恕の綱」の間近まで迫っていました。

 

「寛恕の綱」を守ろうとする伯朗!

しかし!急に誰かに止められました!

伯朗を止めたのは、なんと明人だったのです!

ここからは「危険なビーナス」の原作の結末のネタバレになります。

スポンサーリンク

危険なビーナスの原作(小説)の結末


■「危険なビーナス」の原作の結末
明人はすべてを話します。

明人は日本に帰ってきたとき、自分を拉致しようとしている人物がいると、警察から教えてもらっていました。

警察は犯人逮捕のため、明人が拉致されたように見せかけたいと言うのです。

その犯人は、憲三でした。

 

明人はその提案を受けますが、その条件として、警察に禎子の死の再捜査を頼みます。

しかし、証拠は何もありませんでした。

そのため、警察が選んだのは内部情報を詳しく知るための潜入捜査。

矢神家にしたのはなんと楓!!

勇磨はそれをいち早く察知し、明人と楓に影で協力していました。

 

明人は「寛恕の綱」を手に入れようとしている人物は身内だと見抜いており、小泉家が更地になったことにして、油断させる作戦だったのです。

そして、伯朗は楓と二人きりになりましたが、大切なことは聞くことができず・・・

 

結局、明人は「後天性サヴァン症候群のレポート」は発表しないことを決めます。

「人間には踏み込んではいけない領域がある」

と考えたのです。

明人は、康治が禎子に貴重すぎるものを渡したことを知っていましたが、それが「寛恕の綱」だと思っていました。

明人は「寛恕の綱」にすごい価値はないと考えていましたが、人を引き付ける何かがあることはわかっていたので、康治は明人に、

「この絵のことを背負わなくていい」

と言いたかったのです。

ちなみに「恨むな」は「ウラム」のことでした。

 

矢神家は、明人と勇磨で受け継ぎ、再スタートを切ることになりました。

百合華ともいい感じです。

 

数日後、楓が伯朗が勤務する動物病院にやってきます。

楓はミニブタを連れてきていて、

「これから長い付き合いになる」

とウインクしながら言うのでした。

 

本当に目まぐるしい展開ですが、最後にすべてがつながって驚きです!

楓の正体がまさかまさかでしたが、最後はいい感じになってよかった♪

次にそんな「危険なビーナス」を読んだ私なりの感想を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

危険なビーナスの原作(小説)を結末まで読んだ感想


原作の小説版「危険なビーナス」は東野圭吾さんの作品なので、さすがの完成度です。

「遺産相続」というミステリーにありがちな要素を取り入れながらも、話は複雑に絡み合い、さらにラブストーリーまでミックスしたラブサスペンスと言った感じ!

序盤は謎が多くてよくわからない部分が多いのですが、クライマックスで一気にすべてがつながります!

しかも楓が実は捜査官だった、明人は警察と組んでいたというしっかりとしたオチまでついていて、本当にすごすぎです!!

 

ドラマ版でも序盤は謎が多くなる可能性が高いですが、後半から物語が一気に加速するでしょう!

その序盤を以下に飽きさせない構成にするかが、ドラマ版でのカギとなりそうです。

次にそのことも踏まえ、ドラマ版「危険なビーナス」の最終回の予想を紹介します。

スポンサーリンク

危険なビーナスのドラマの最終回結末を原作(小説)から予想!


まず「危険なビーナス」の原作は、犯人もオチも素晴らしすぎるので、変更することはなく、原作をそのまま映像化すると思います。

ただ、先述の通り、そこに至るまでの過程では、大幅にオリジナルストーリーが追加されるでしょう。

序盤をそのままドラマ化すると、視聴者が飽きる感じもしますし、何より尺が足りませんしね。

 

その内容は、恋愛に関する部分がメインになると思います。

公式サイトを見ても「ラブサスペンス」という部分を前面に押し出している感じがするので、楓と勇磨との三角関係がより複雑になるのではないでしょうか?

そうして恋愛模様も楽しみつつ、ミステリーも楽しめるという贅沢なドラマになると思います!

それでは最後にまとめと、他のドラマ情報をご覧ください。

スポンサーリンク

危険なビーナスの原作(小説)を最終回結末までネタバレ!~まとめ~

今回は「危険なビーナス」の原作(小説)を、結末までの詳しくネタバレしましたが、さすがは東野圭吾さんの作品です!

終盤の怒涛の伏線回収がすごすぎです!!

オチもまさかまさかと言った感じで、最初に読んだときは本当に驚きました!!

 

そして、ドラマ版ではオリジナルのシーンも多々入ってくると思いますので、第一話から最終回まで楽しんで見れる感じの、素晴らしいドラマになるでしょう。

キャスティングも個人的にはピッタリに感じました!

そんなドラマ版「危険なビーナス」、毎週日曜日を楽しみに見ていきましょう。

ドラマ情報はこちらもどうぞ↓↓

アンサングシンデレラの原作をネタバレ!最終回結末はどうなる?ひたむきな主人公とイケメンすぎる先輩!病院薬剤師の実情とは!?

アンサングシンデレラの瀬野の過去をネタバレ!医師たちの薬剤師のイメージを変えた大活躍!!カッコよすぎです!!

私の家政夫ナギサさんの原作をネタバレ!最終回結末はどうなる?過去の経験から選んだ家事をする仕事!やはりラストは結婚へ!?

私の家政夫ナギサさんの正体と過去をネタバレ!家事を仕事にした理由とは!?実は前職でのつらい経験が!

ディアペイシェントの原作を結末までネタバレ!最後の最後でどんでん返し!意外な真犯人とは!?

ペイシェントの意味とは?ディアペイシェントのタイトルに隠された意味と思いを詳しく解説!

13(サーティーン)の原作(イギリス版)を最終回結末までネタバレ!被害者と家族の嘘!お互いの真実がわかった時、家族はどうなる!?

JIN-仁-の原作の最終回結末をネタバレ!ドラマとは違うもう一つの素晴らしい物語!この道、過去に歩いたことがある・・・?

東京ラブストーリー25年後の結末(最終回)はどうなる?

東京ラブストーリー25年後のネタバレ!あらすじを大公開!まさかの展開に驚きです!

東京ラブストーリー最終回!なぜカンチとリカは別れたのか?理由を徹底分析!※ネタバレあり

運動会のスローガン(幼稚園保育園)の作り方と例文は?2020年最新版!今年しか使えないものも!

この記事を書いている人 - WRITER -
まりお

ミーハーで流行り物好き、スポーツ観戦好きな30代です!

常にいろんな情報にアンテナを張ってます☆

スポーツの駆け引きが好きなので、そういう情報も公開していきます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 明日使える話のネタ , 2020 All Rights Reserved.

テキストのコピーはできません。