思わず誰かに話したくなるネタを紹介していきます!

テセウスの船の原作(漫画)を最終回結末までネタバレ!犯人と一緒にタイムスリップ!幸せな未来に変えられるのか!?

 
まりお
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
まりお

ミーハーで流行り物好き、スポーツ観戦好きな30代です!

常にいろんな情報にアンテナを張ってます☆

スポーツの駆け引きが好きなので、そういう情報も公開していきます!

出典:https://www.tbs.co.jp/theseusnofune/

大ヒットを連発する日曜劇場で放送のドラマ「テセウスの船」

竹内涼真さん主演のタイムスリップサスペンスですが、続きが気になってしょうがない感じの、謎が多いドラマになっています。

原作は、東元俊哉さんの同名漫画で、2019年に完結。

そのため、実は結末まで判明しています。

そこで今回は、そんな謎が気になる方に向けて、原作の漫画版「テセウスの船」のあらすじを、最終回の結末までネタバレします。

スポンサーリンク

テセウスの船の原作(漫画)を最終回結末までネタバレ!~その①~

父親の逮捕

原作の漫画版「テセウスの船」主人公・田村心(竹内涼真)は、警察官の父親・文吾(鈴木亮平)が殺人事件を起こし、逮捕され、加害者家族としてひっそりと生活してきました。

そのため、母親の旧姓である田村を名乗っています。

兄弟は、姉の鈴と兄の慎吾がいて現在は4人家族。

 

父親は31年前に逮捕され、死刑判決を言い渡されていますが、拘置所で冤罪を主張しています。

父親の罪は、小学校のお泊まり会で、青酸カリの入ったオレンジジュースを飲ませて21人を死亡させたとする無差別殺人。

事件の後、家から青酸カリで見つかったことで、犯人とされました。

現在でも話題になるほど有名な最悪の殺人事件。

 

父親が逮捕されたとき、心はまだ母親のおなかの中でした。

母親の和子は、自分たちが加害者家族なので、周りにそのことが知れるたびに、借金をしては引っ越すという苦しい生活を続けてきました。

 

現在の心と妻の由紀

心は教師を目指していましたが、 加害者家族のため、そぐわないと考え、普通に就職していました。

妻の由紀とは大学時代に知り合い、由紀の両親は事件のことを知っていたため、心との結婚に反対しましたが、 押し切って結婚しました。

 

由紀は妊娠中ですが、心のために事件のことを調査し、資料としてまとめていて、父親は冤罪かもしれない事を話します。

さらに、青酸カリ事件の前には、周りで不可解な事件が立て続けに起きていたことが判明しました。

 

ただ、事件の時、心はまだ産まれておらず、父親に会ったこともないので、加害者家族の生活を強いられたことを憎んでいました。

 

そして由紀が、女の子の赤ちゃんを産んだ後、なんとすぐに帰らぬ人に・・・

由紀の両親はその子供を引き渡すよう言ってきましたが、 自分が育てること決心。

子供につけた名前は「未来」。

 

そして由紀が残してくれた言葉、「お父さん信じてみて」の通り、事件の事をもう一度調べることを決めます。

 

事件現場でタイムスリップ

まず、31年前に事件が起きた現場に来てみた心でしたが、そこは更地になっていて、何もありませんでした。

その直後、突然の霧が・・・

 

そして、現場には小学校がありました。

なんと事件が起こる前に1989年にタイムスリップしていたのです。

 

霧の中を歩いていると、佐野家に行きつきました。

そこは心が生まれる前の実家で、今とは全然違う家族の姿がありました。

明るい母親と姉の鈴、兄の慎吾、そして優しい父親。

 

そんな優しい父親を見て、父は冤罪で本当は濡れ衣を着せられただけなんじゃないかと考えるように・・・

そして、由紀の資料をもとに事件を未然に防ごうと計画します。

佐野家では雪下ろしをしていた姉の鈴が、屋根から落ちて倒れてきました。

心はすぐに三島医院という病院に連れていき、その出来事がきっかけで、 心は鈴の命の恩人として迎えられることになります。

 

実はこの出来事、本来であれば新聞配達員の長谷川が助けていたのですが、 心が助けに入ったことで歴史が変わることになります。

 

まずは千夏の事件を防ごう・・・

三島医院で千夏が除草剤であるパラコートを飲んで死ぬ事件の日がやってきました。

心はそれを食い止めるべく、三島家の倉庫からパラコートを持ってきて捨てます。

これで千夏は死なずに済むと思っていましたが、千夏と心の父親である文吾が一緒にいるのを見てしまいます。

 

そして、千夏がパラコート中毒で倒れているのを見つけたのも文吾でした。

こうなるとどうしても父親を疑ってしまいますが、 心が倉庫からパラコートを持ってきたところを新聞配達の長谷川が見ていて、心は父親から逆に疑いをもたれます。

 

パラコートを捨てたにもかかわらず、千夏は死んでしまいました。

そして、千夏の姉の明音がいなくなる事件も起きます。

 

父親に未来を伝える

心に疑いを持ったので、勝手に免許証を見た父親の文吾は、平成生まれであることに驚きましたが、 心は全てを話すことに。

自分はタイムスリップしてきて文吾の息子であること、小学校のお泊まり会の事件で文吾が逮捕されてしまうことを話します。

 

完全には信じられない父親でしたが、心と協力して事件を止めようと考えます。

 

再び現在へ・・・

再度霧が出て現在に戻ってくると、状況が変わっていました。

まず心の母親が事件が起きた後に、一家心中を起こしていて 、母と兄の慎吾が亡くなっています・・・

生き残った心と姉の鈴は、しらぎくの杜という施設で育っていることに。

 

由紀の実家に行ってみると、両親は心のことを知らず、由紀は週刊誌の記者になっていて、31年前に青酸カリ事件を調査していました。

事件自体も発生した日が1日遅れていて、青酸カリが入っていたのがオレンジジュースではなく、牛乳に変わっていました。

 

しかも、被害者の先生や生徒も違いました!

事件で亡くなってしまった木村さつき先生や、他の生徒が生きてていたのです。

 

心は拘置所にいる父親の元へ行きます。

そして、姉の鈴が面会に来ていたことがわかります。

鈴は村田藍という名前に変えていて、しかも顔を整形、別人として過ごしていました。

鈴は妊娠していて、内縁の夫の村田みきおは車椅子で生活をしている男でした。

 

そうこうしていると、父親の事件解明の協力者が!

新聞配達員の長谷川の妻・佐々木紀子が冤罪を晴らすために証言してくれるというのです。

 

紀子は病気で余命一年の宣告を受けていたので、 証言することにしたとのこと。

紀子は31年前に配達員だった長谷川の婚約者で、さらに、小学校の先生・木村さつきの実家の工場に勤めていました。

 

そして、長谷川から「工場から青酸カリを持ってくるように」言われていたのです。

さらに、長谷川は明音を監禁し、青酸カリで自殺

そして、紀子は事件現場に来た時、刑事の金丸と犯人の会話も聞いており、そのあとすぐに金丸が崖から落とされるところも目撃していました。

 

そんな重要な証人である紀子は、肝心の証言をする前に、木村さつきに殺害されてしまいます。

このまま、原作の漫画版「テセウスの船」のネタバレを続けます。

スポンサーリンク

テセウスの船の原作(漫画)を最終回結末までネタバレ!~その②~

犯人は・・・

 

木村さつきは青酸カリ事件の後、加藤みきおを養子として育てていました。

そう!!その男が鈴の内縁の夫である木村みきおなんです!!

加藤みきおは両親がいなかったため、祖母に育てられ、サイコパスな考えの持ち主でした。

 

そして、転校して隣の席になったことをきっかけに、鈴の優しさに甘え、付きまとうようになります。

その頃みきおは長谷川に乱暴されたため、「そのことをバラされたくなかったら、協力しろ」と言い、長谷川を共犯者にします

 

そう!犯人はみきお!

青酸カリ事件も、他の事件もすべてこの男の仕業だったのです!

 

きっかけは、みきおと鈴が一緒に帰った際、恋の話になったこと。

鈴は

「好きな人はいないけど、結婚するならお父さんのような正義感のある人がいい」

と話します。

そのことにムカついたにみきおは父親の文吾に罪を着せるため、小学校で事件起こし 青酸カリを文吾の家に忍び込ませます。

 

祖母がいなくなったら、引き取り手がいないみきおでしたが、木村さつき先生が養子にしてくれました。

先生は牛乳が嫌いだったため、牛乳に青酸カリを入れ、自分はそれを少しだけ口に入れて、被害者のふりをしました。

 

実は車椅子も嘘!!

本当は自分の足で歩くことができるのです。

木村さつきは医者からそのことを聞いて、本当のことを知っていたにもかかわらず、ストレスによる歩行困難もあったため、車椅子を認めていました。

 

千夏の事件も明音の事件も、やったのは全部加藤(木村)みきおだったのです

 

2人のみきおが出会う

心と木村みきおが一緒にタイムスリップします。

木村みきおは親戚だと言って まだ子供の加藤みきおにこれから起きることを話します。

 

「文吾が逮捕され、鈴は変わってしまった。好きだった純粋なが鈴ではなくなってしまっていた。」

だから、木村みきおはどうするべきか、加藤みきおに考えるように言いました。

 

みきおは事件を起こすのではなく、鈴を助けて正義の味方になることを考えます。

そうすれば、文吾のように鈴に好きになってもらえると思ったのです。

 

ただ、未来のこと、事件の全容を知っている心と文吾を消そうと考えます。

 

みきおが文吾を刺そうとした瞬間!

心が間に入ります!!

刺された心はそのまま死んでしまいます。

 

最終回結末のネタバレ

そして、現在では、状況が変わっていました。
佐野一家は実家があった場所にタイムカプセルを取りにきます。

その中には心がいれた、佐野家と田村家の家系図、結婚指輪、写真が・・・ 

妊娠中の鈴が読んでいる週刊誌の記事では、逮捕後の加藤みきおが少年Aとして、特集として載っていました。

 

さらに、タイムカプセルの中の写真を見ると 文吾をかばって死んだ心と佐野家の末っ子の心が瓜二つだったのです!!

鈴は弟の名前を「正義」にしようと考えていましたが、父が命の恩人の名前がいいと言ったので、「心」と名付けたといいます。

 

そして心は、教師として働いていました。

同僚である岸田由紀(上野樹里)を、婚約者として家族にお披露目 !

心と岸田由紀が結婚することに!!

歴史が変わり、ハッピーエンドの結末となったところで原作(漫画)版「テセウスの船」の物語は終わります。

おそらくしばらくして、「未来」が生まれるのでしょうね。 

続いては、ドラマ版「テセウスの船」の最終回の予想です。

スポンサーリンク

テセウスの船のドラマの最終回を原作(漫画)結末から予想!


原作の漫画版「テセウスの船」は見事なハッピーエンドですが、ドラマでは尺を長くする必要もありますし、少し変わった形になるのではないかと予想します。

タイムスリップした時の行動が変わって、生きている人や状況など、現在の様子も少し変わった設定になりそうですね。

個人的にはハッピーエンドはそのままに、「未来」が生まれるところまでやってくれたらうれしいです。

 

また、犯人のみきおはドラマでは早めに出してくる必要があると思います。

漫画では少し後で出てきますが、ドラマで犯人がなかなか出てこないと、犯人だとわかった時に微妙な感じがしますし(^^;)

その辺りも見どころですね。

それでは最後にまとめとドラマ情報をご覧ください。

スポンサーリンク

テセウスの船の原作(漫画)を最終回結末までネタバレ!~まとめ~

今回は原作の漫画版「テセウスの船」のあらすじを結末までネタバレしましたが、ものすごく練られたすごいストーリーでしたね!

犯人は実は出てきていたという感じの人物で、主人公は死んでしまうのにハッピーエンドという、今までにない素晴らしい結末でした!

そんな物語が映像で見られるのは本当に楽しみです!

 

特に、加藤みきおの登場シーンには要注目ですね!

大事なシーンを見逃さないようにじっくりと、ドラマを楽しんでいきましょう!

ドラマ情報はこちらもどうぞ↓↓

恋はつづくよどこまでもの原作(漫画)の最終回結末をネタバレ!勇者が魔王のセリフを奪う衝撃の展開!

リカ(リターン)をネタバレ!小説リカの続編はどうなる!?転んでもただでは起きない!衝撃のラストとは!?

リカ(リバース)をネタバレ!リカの正体と誕生の秘密!実は少女時代から○○○だった!!

ニッポンノワールのオープニングとエンディング(読唇術)を考察!克樹と遊佐の2人は実は○○の対象になっているのでは!?

ニッポンノワールのタイトルの意味は?サブタイトルの刑事Yとは誰?ポイントは発音と清春の隠し子!?

ニッポンノワールのルックアットミーの効果とは?才門の名前も怪しい!二重スパイの可能性も!?

これは経費で落ちませんの原作のあらすじをネタバレ!最終回結末はどうなる?イレギュラーな状況にあたふたの連続です!

この記事を書いている人 - WRITER -
まりお

ミーハーで流行り物好き、スポーツ観戦好きな30代です!

常にいろんな情報にアンテナを張ってます☆

スポーツの駆け引きが好きなので、そういう情報も公開していきます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 明日使える話のネタ , 2019 All Rights Reserved.