思わず誰かに話したくなるネタを紹介していきます!

ディアペイシェントの原作を結末までネタバレ!最後の最後でどんでん返し!意外な真犯人とは!?

 
  2020/07/09
まりお
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
まりお

ミーハーで流行り物好き、スポーツ観戦好きな30代です!

常にいろんな情報にアンテナを張ってます☆

スポーツの駆け引きが好きなので、そういう情報も公開していきます!

出典:https://www.nhk.or.jp/drama/drama10/dearpatient/

普段知ることができない医師のリアルな現状を描いたドラマ「ディアペイシェント」。

原作は医師の経験もある南杏子さんの小説で、医師の大変な仕事ぶりを知ることができる興味深い作品です。

そんな「ディアペイシェント」ですが、どのような結末を迎えるのか、原作とはどう違うのか知りたいと思っている方も多いと思います。

そこで今回は「ディアペイシェント」の原作の小説を結末までネタバレし、ドラマの最終回も予想してみました。

続きが気になる方はぜひご覧ください。

スポンサーリンク

ディアペイシェントの原作を結末までネタバレ!


「ディアペイシェント」の原作の主人公・真野千晶(貫地谷しほり)は病院勤務の医師。

もともとは大学病院にいましたが、半年前に「佐々井記念病院」という民間の病院に移ってきました。

 

しかし、この病院は事務長(升毅)が銀行出身のため、利益最優先。

病院での医療を「サービス業」と考え、患者のことを「患者様」と呼ぶ、過剰なほど「患者第一」な、とんでもない職場だったのです。

 

千晶は午前中から多数の患者を診察しますが、一人にかけられる時間は3分と決まっていました。

それに加えて夜勤や会議などに忙殺され、過重労働の日々・・・

 

そんなときに、座間と言う患者様が、千晶に好意的に絡んできます

なんだか怖く感じていましたが、その座間(田中哲司)が悪質なクレームばかり言うようになり、ネット上でも病院や千晶への批判を繰り返すようになります。

座間はいわゆる「モンスター・ペイシェント」。

「モンスター・ペアレンツ」の患者版です。

 

しかも、この病院ではそんな「モンスター・ペイシェント」対策の一環で、患者を「S・M・L」と分類していました。

S→「スムーズ」

医師の説明をすぐに理解し、納得してくれる患者様

 

M→「まだるっこしい」

自分の症状をうまく説明できない、少々厄介な患者様

 

L→「Low Pressure(低気圧)」

低気圧の名の通り、台風のように問題を起こしたり、急速に発達するように変なことを言い出したりする患者様

訴えられるリスクもあるので要注意

ここまでするのかといった感じですが、なんだかわからなくもないですね。

病院は患者さんによっては、かなり長期間通ってくるわけですし・・・

 

話を戻して、医師として、患者に寄り添おうとする千晶でしたが、クレームや嫌がらせの嵐に疲れ切ってしまいます。

そんな千晶の相談相手は、先輩医師の陽子(内田有紀)でした。

しかし、陽子は陽子で、医療ミスでの訴訟を起こされており、精神的に参っている状況・・・

 

そして、千晶にとって頼りになる先輩だった陽子は、医療訴訟で負けそうになり、自殺してしまいます。

医師が患者に追い詰められて自殺するなんて・・・

患者様は神様なの・・・?そんなの間違っている!

 

その後、陽子の葬式が行われます。

そこには患者様たちも来てくれました。

しかも、患者様たちが口にしたのは意外な言葉でした!

 

それは陽子への感謝の言葉!!

患者様に寄り添う陽子の対応は、しっかりと患者たちに伝わっていたのです!

悲しいけど、これは本当によかった!!

 

しかし、こんなことが起きたにもかかわらず、病院の体制は変わりません。

さらに、医師が刺され、病院に認知症の患者様の車が突っ込むなど、踏んだり蹴ったりな状況。

 

そんな時、千晶は習っているロシアの武術「システマ」を通して知ったこの言葉に救われます。

「犬が吠え、風が伝える。だが、キャラバンは進む」

というロシアのことわざ。

そして、千晶は初心にかえり、患者さん一人一人に寄り添える医療がしたいと考え、同じく医師をしている父親に相談することにしました。

 

実は千晶の父(伊武雅刀)は医院を経営していますが、母(朝加真由美)は認知症で、あと3ヶ月で今の医院をやめると言います。

実家で事務をしている妹(高梨臨)は、千晶に今後どうするんだと言い、千晶は、こんな実家の問題にも頭を悩ませていました。

 

そんな父は、千晶に素晴らしい言葉の数々を伝えます。

「その人の山を一緒に登るんだ」
「患者を信じるからこそ、医師はリスクのある行為に飛び込むことができるのに」
「一方通行の聞き方では、いい医療はできないよ」

 

「その医療が、いかにささやかであろうと、愚鈍に見えようが、誤解を生もうが、力不足であろうが、それでいいんだ

誠実ならばその気持ちは必ず患者に伝わる。

時を超えて理解される時が来る。

力不足だったという経験を糧に、精進すればいい。

最初から完璧な医師なんていないんだから。」

お父様素敵すぎ!!

感動しました!!!

さすがは医師の先輩!そして人生の先輩!

千晶は、理想の医療ができない今の病院を辞めて、自ら診療所を作ることを決めます。

 

そして、問題だった座間をはじめとした「モンスター・ペイシェント」。

実はライバル病院による妨害行為でした!!!

えっ!?そういう結末!?

病院でもこんなことがあるのか・・・

 

そして、最後はダンマリを決めていた院長(石黒賢)が、利益最優先の事務長にガツンと言います!

これは最高にすっきりしました!

 

こうして様々な人と向き合い、過酷な状況の中でも千晶は成長していきました。

クレーマーになってしまった患者さんにも、そうなった理由があること、患者さんも周囲の人々も、当事者にしかわからないつらさがあること、そんな大切なことを学びました。

 

そして、理想の診療所を作ること、そんな希望を持って、原作の小説版「ディアペイシェント」は結末を迎えます。

辛い感じで始まりましたが、希望を持てる感じで終わり、しっかりとオチもあって素晴らしい物語でしたね!

次に「ディアペイシェント」を読んだ私なりの感想を紹介したいと思います。

当サイトでは他にも2020年夏ドラマの記事を多数紹介しておりますので、そちらもぜひご覧ください↓↓

2020年夏ドラマの記事一覧!

スポンサーリンク

ディアペイシェントの原作の感想


私は「ディアペイシェント」の原作を読んで、医師、病院に対するイメージが変わりました。

私は普通の人より長い期間、多い回数、病院に通っています。

 

その中で、医師の方も大変であると感じてはいましたが、患者一人一人の命を預かっているにもかかわらず、過重労働で、クレームにすら発展するリスク、命を奪ってしまうかもしれないプレッシャー・・・

 

そう考えると、医師と言う職業は全く割が合わない、ものすごく大変なお仕事であると改めて知ることができました。

そして、医師に対してはスムーズに的確に自分の症状を伝えられるよう、自分のためにも医師のためにも心掛けたいと感じました。

作品の中では「S」の区分けですね。

 

そして、なんといっても意外な真犯人が登場するどんでん返し!!

最高すぎます!

現実世界でも、病院同士の対立はあるのかもしれないなと思いましたし、少し怖くもなりました。

 

ただ、希望が持てる終わり方と、千晶の父の言葉に救われましたね!

盛りだくさんの素晴らしい原作でした!

次にドラマ版「ディアペイシェント」の最終回の予想です。

2020年夏ドラマの記事一覧!

スポンサーリンク

ディアペイシェントのドラマの最終回を原作の小説から予想!

 

この投稿をInstagramで見る

 

ついに始まる!! たのしみ💜❤️ #ディアペイシェント #内田有紀 #貫地谷しほり

s.m(@jksa_32)がシェアした投稿 –


「ディアペイシェント」は原作が素晴らしい結末なので、基本は原作に忠実に、プラスアルファとしてオリジナルの要素が加わるのではないでしょうか?

最後は千晶が理想の診療所を設立し、それを陽子の墓前で報告するシーンで終わるのだと思います。

また、NHKのドラマなので、「モンスター・ペイシェント」のひどいクレームや妨害行為に関しては、少しマイルドに描かれそうですね。

そのままは映像化できないと思いますし・・・

 

あと、「ディアペイシェント」は序盤が暗い雰囲気の作品なので、ドラマ化するにあたり、どのように構成するのか楽しみです。

暗いシーンが続くと視聴者が離れてしまいそうですしね(^^;)

その分、千晶の父のシーンを増えて、いろいろな名言が聞けるのではないでしょうか?

それでは最後にまとめとドラマ情報をご覧ください。

2020年夏ドラマの記事一覧!

スポンサーリンク

ディアペイシェントの原作を結末までネタバレ!~まとめ~

今回は「ディアペイシェント」の原作の小説を結末までネタバレしましたが、リアルな医師の悩みだけでなく、ミステリーとしてのどんでん返しもあり、すごいストーリーでしたね!

 

この作品は、ドラマを通してぜひ多くの方に知ってもらいたいと思いました。

医師、病院に対する見方、私たちが病院に行くときの気持ちも変えてくれる、医療現場の実態を教えてくれる作品です。

それもそのはず、作者の南杏子さんは現役の医師なのです!

もしかしたら実体験も入っているのかもしれませんね!

ドラマ版も楽しみにしていきましょう!

ドラマ情報はこちらもどうぞ↓↓

2020年夏ドラマの記事一覧!

アンサングシンデレラの原作をネタバレ!最終回結末はどうなる?ひたむきな主人公とイケメンすぎる先輩!2人は恋に落ちる!?

アンサングシンデレラの小野塚の正体と過去をネタバレ!実はワンオペに苦しむ○○○!みどりのおかげで忘れていた初心を取り戻し・・・

私の家政夫ナギサさんの原作の最終回結末とその後(9巻)をネタバレ!過去の経験から選んだ家事をする仕事!やはりラストは結婚へ!?

竜の道の原作をネタバレ!復讐の最終回結末は!?実はすべてを見透かしているのは美佐!?

美食探偵 明智五郎の原作をネタバレ!最終回結末はどうなる?神出鬼没のマグダラのマリア!実はマリアと明智は○○○!?

美食探偵 明智五郎のマリアの過去と動機、正体を詳しく紹介!キーワードは高校時代のお肉!犯行を繰り返す2つの理由とは!?

 

JIN-仁-の原作の最終回結末をネタバレ!ドラマとは違うもう一つの素晴らしい物語!この道、過去に歩いたことがある・・・?

野ブタをプロデュースの原作の最終回結末をネタバレ!ドラマとは全く違う修二のラストとは!?

東京ラブストーリー25年後の結末(最終回)はどうなる?

東京ラブストーリー25年後のネタバレ!あらすじを大公開!まさかの展開に驚きです!

東京ラブストーリー最終回!なぜカンチとリカは別れたのか?理由を徹底分析!※ネタバレあり

当サイトではドラマネタを含め、他にも明日誰かに話したくなる情報を多数紹介しております。

ぜひ目次をご覧ください↓↓

当サイトの目次はこちら

この記事を書いている人 - WRITER -
まりお

ミーハーで流行り物好き、スポーツ観戦好きな30代です!

常にいろんな情報にアンテナを張ってます☆

スポーツの駆け引きが好きなので、そういう情報も公開していきます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 明日使える話のネタ , 2020 All Rights Reserved.

テキストのコピーはできません。